当前位置:首页 > 浏览新闻
在日研修生の管理はどう強化するか
发布日期:2012-06-20
   発展は速いが問題もある
 
 研修生を日本へ派遣するのはいつも我が国対外労務派遣の重点の一つであります。近年以来我が国から日本へ派遣した研修生は人数であろうと分野別であろうと皆目覚ましい発展していました。これは我が国の関係する部門と関係する機構は在日研修生に対する管理に効果があり、日本の関係する部門の認可を得たと表明しました。日本の会社は外国研修生に支払う手当が日本労働者よりずっと低いから企業のコストを大大的に降下し、また日本の経済がやはり不景気にあたり、アジア金融危機の中に倒産事件を避けるため、外国研修生の需要量がもっと増えることです。ですから日本へ研修生を送り出す事業の将来性がやはり割合いいです。
 これにもかかわらず、在日研修生に対し、管理する仕事はあまりよくないからいくつかの問題も出ていました。例えば不法滞在の人数は近年来いつも多いです。研修生の中の口喧嘩や殴り合いがあり、不法的に外出してアルバイトすることやごみ拾うこともあり、ないし受入れ企業との関係がよくなくなって直接に口論するに至った。これらのことは日本企業が我が国の送り出す機関の信望を厳しく損わせ、日本国内で業務の広げることのためにならないし、日本入国管理局の内部の信用できない名簿にいられるにまで、何年間に赴日研修生を派遣することをやめざるを得ません。ひどいことは日本現地の人々に研修生本人ないし中国人の印象が悪くなります。ですから各送り出す機関は在日研修生の管理に対し、もっと力を入れなければなりません。できるだけ悪い事件の発生を減少し、或は途絶させ、もっと研修生派遣事業を発展させます。
 
  管理を強化し、低価格競争を避ける
 
 一、送り出す機関の自己管理を強化する。
 今、国内で赴日研修生を送り出す業務に携わる機構は6.7百個に達し、もし、各送り出す機構が自己管理を強化しなく、服務の質を高めなければただ低価格を利用して研修生の受入れ企業を奪い取ったら、必ず厳しい効果をもたらすに違いありません。
第一は、国がそれによって多い損を遭う。
 価格を降下して競争することは対外契約の総額高が必ず減少しなければなりません。経済貿易部が対外契約の中の賃金総高の一定の比率によって労務サービス料を徴収するの決りによりますと送り出す機関の所得した利益も少なくなり、それに契約賃金が減少しても日本の受入れ企業はやはり研修生の賃金が以前と同じようにすると望んでいます。そうすれば送り出す機関の利益を得る空間が大々的に少なくなり、送り出す機関は損を補うためにまたもっと大きい利益を獲得するため、外の項目で再度低価格競争を行われなければなりません。国が低価格競争に対し明文で禁止するにもかかわらず日本へ研修生を送り出すルートが多く、それに他の原因のため、実際の仕事中に低価格競争の事件がしばしば出ています。その調子でいけば必ず悪循環になり、ついに損を得るのは国です。
 第二は、管理のことは難しくなる。
 低価格を以ってサインした契約を実施しているといろいろな管理難に直面しています。
 まず、研修生の賃金(手当)を影響されます。彼らは日本に到着してから外の国や中国の他のルートから来た研修生の賃金(手当)を知ることを避けられません。比べてからもし格差が大きすぎると研修生に不満の気持が現れるから管理に対しもっと難しくなり、意外事件を発生する可能性も大きくなります。
 次に送り出す機関の利益が減少するため、このプロジェクトの初段階資金投入や中段階管理費に大きい影響があり、従って管理の質も低下されます。
 二、優良の管理で勝ちを取る。
 プロジェクト引き続くことや新契約のサインは合理的な価格を持って競争するだけでなく、もっと重要なのは優れた人で特に質の優れた管理で勝ちを収めてから一ヶ所の成績を持って全面的向上を促進し、もっと業務を繰り広げられます。プロジェくしの管理に対し、よしあしはじかにそのプロジェクトの執行と継続に影響されます。普通、もし送り出した研修生は大きな問題がなければ日本の受け入れ機関は協力パートナーを気軽に交代することが願いません。とにかく改めて折衝から互いに暗黙の了解までは割合長い時間と割合多い精力が必要で、且つ、協力パートナーを交代してからその類の事件発生を途絶できるかどうかが保証できるかどうかがわかりません。これらのことは日本側に対し、考えなければならない問題です。
 質の優良な管理は双方の協力を円滑に行うだけではありません。公司の名高さも広げられ、受入れ機関の所在地に一定のよい影響をも生じられます。言いかえれば、質の優良な管理はブランド反応ができ、送り出す機関の良好なイメージが樹立できます。これも送り出す機関が一ヶ所の経験を以って他の日本企業や他の業種に広げるために堅固な基礎を創れます。赴日研修生に対する管理は国内の送り出す機関と研修生と契約を結ぶ時から始まりました。その契約は関係する決りや求めることによりますと、在日研修の年限、週に仕事の時間、毎日の仕事時間、賃金(手当)とその支給方式、毎年の公休日、医療保険、他の場所でアルバイトしない、送り出す機関の管理に服従する、契約違反の負う責任などの条項を含んでいます。その契約も送り出す機関と日本側の結んだ対外契約の内容との衝突ができません。特に仕事の時間や公休日の条項は完全に一致するはずです。また、いかなる方式でいかなる形の研修団体を管理しても出国前の育成訓練の時、普通の日本語や出国紀律等基礎教育の外、各受入れ企業の仕事のプログラム、組織構造、注意事項等を詳しく解説するのも必要です。生活面でも買い物場所や物価など詳しい情報を提供して研修生達が日本に到着したところすぐに現地の生活と仕事に適応させます。また、研修生を受入れた企業の大部分の住所は都市部の繁華街より割合遠くて研修生自国の住所よりも賑やかではないかもしれません。それも正しく説明し、研修生達に十分の理解させて日本に到達した後に心の中のコントラストを軽減します。
 具体的な管理方法と言うと、研修生が日本に到着した後にリーダー(専門的なものや兼任的なもの)に要求して研修生の思想や仕事に対し時時了解します。その言行が受入れ会社のご希望のものや契約と食い違ったら即時に指摘し、問題を芽生えの初期に解決されます。研修生内部にもめごとや殴り合いが出た場合にも即時に処分し、重大な事件に属する場合、契約によって教育を与える外、もとの所属企業や家族に知らせて多岐的に張本人を教育します。もし、力を尽しても問題が解決できない場合は日本側の諒解を得た後に帰国させ、決して甘やかさなく、管理の仕事に正常に進まなくやもっと大きい問題の発生を避けます。もし、研修生と日本側の職員の間に紛争や衝突を発生するとリーダーはまず問題の起因と実質を了解し、続いて研修生の思想を説得し、大局を重んじ、共通点を見つけ出し、異なる点を残しておきます。もし誤りが日本側の人だったら即時に日本側の関係人士と相談し早目によく解決します。
 三、 実際の仕事中にほとんど次の手本で管理できる。
 第一は、集団編成して派遣する研修の場合、日本側の受入れ企業に要求して1、2人の一時的に職場を離れて研修生を管理する人(仮に団長と称する)を受けてもらいます。人数多い研修団体の宿泊は二種類に分けられます。集団宿泊と分散宿泊です。
 1、 集団宿泊の場合の管理は割合易しいです。まずは、集団宿泊の研修生の管理に対し、一日の三回食事や仕事の時間割り、当直などに限らなく、できるだけ「家」の雰囲気をつくってあります。研修生達の多くは初めの出国で、且つ、集団内の研修生が違い地域と違い工場から来たから、研修生達に割合よい精神構造で人間関係や異国でのノスタルジアを対処するよう求めます。団長は日常の管理をする外、多く文芸娯楽体育活動を催し、研修生達に対し、仕事の外集団からの心遣いや暖かさを受けさせます。次に団長は日本側の受け入れ企業に要求して適切な見学活動或は現地のいろいろな視察に参加させ、研修生達に日本文化を勉強する機会を上げて、毎日の仕事や食事、眠いだけではなくなります。この種のキャンペーンは費用があまり大きくないのでその重要性を日本側に説明するとアドバイスが受けられると信じます。このような集団キャンペーンも研修生の個別的で道楽にふける時に意外事故を発生することが避けられ、できるだけ研修生の仕事と生活を秩序有するの状態に納めます。第三は、研修団体の内部に小型の図書館をつくります。これは長期協力の場合にもっと可能性があります。実務研修の余暇時間によい日本語勉強と知識増加の環境を提供し、業余の文化生活も豊かになります。これは、日本側も必ず支持できます。
 2、 分散宿泊の研修団体に対し、管理は割合難しいです。ですから出国前に受入れる区域に研修生の中から組長を選んでおき、月ごとに一定の活動経費を給付して組長が当区域の研修生を管理し、時間通りに団長に報告します。団長も時時各区域に巡回し、各区域の研修生の正常な仕事と生活を確保します。分散的な研修生を管理すると中日両方に密接な協力を求めます。団長は時時各受入れ企業と連絡し、お互いに当企業に適した研修生管理の効果的な方法を検討します。中日間のよい協力は管理の成功の基礎です。また、分散宿泊の場合も団長の住所所在地に移動的な図書館をつくれ、団長の巡回する時に研修生達に本の借り返し手続をします。これも研修生達に退屈が解けられます。その外、研修生の家族は研修生の安定気分の保持や良好な心理状態の保持にも大切な影響があります。国内の送り出す機関はその家族との連絡が必要です。互いに研修生の関連する情報を通達してその思想の動きを了解します。
 第二は、もし日本側は職場を離れる管理人を受けなく、一人の半分仕事半分管理職の人だけを受ければ、さらにその管理人に日本側との関係をよく対処するように求めます。この団長の企業での仕事はたたちに彼の所属する企業が彼の仕事能力の信用に影響するため、慎重的にこの団長とする人を撰びます。なるべく思想素質と技術素質皆いい、且つ、組織と管理才能のある人を撰びぬきます。この団長は他の研修生を管理すると同時に自分の所属企業での仕事も完成しなければなりません。そうすると、日本側に要求して彼(彼女)を単純な研究生に対処しなく、さもないと管理の仕事ができません。ですから対外契約の中に団長の権利と義務も明確しなければなりません。かれらに実際の仕事する時に依るものがあります。
 第三は、もし受入れ人数の少なく或は他の原因で日本側はいかなく形式の団長も受け入れないと次の2つの管理方法を講じて下さい。
 1、 研修生内部で管理人を決めて、彼(彼女)に送り出す機関を代行して管理の職を施します。出国前の育成訓練的時にその管理者の職と身分を明確はずで彼(彼女)の研修生中の信望を樹立します。送り出す機関の日本駐在事務所や代表は彼らに適切な支持と助けももっと必要です。
 2、 全ての管理職を送り出す機関の日本駐在事務所或は業務代表に任せて管理を施します。
 四、 根本的にいえば送り出す機関の日本駐在事務所の力を強化するはずだ。
 日本駐在事務所の職は新しいプロジェクトを広げるばかりでなく、プロジェクトを守るにも力を尽して携わります。日本駐在員の人数は当機関在日研修生数と比例します。これは、駐在事務所の管理職を強化する必要な保証です。一時的に事務所の職員を増加できない場合、必要に応じて現地の大学留学生部を通じて中国留学生を招聘して管理に参与してもいいです。例えば言葉の関係で研修生の仕事や生活に問題を発生する等に応用します。しかし、彼らの役割は限度があるから、経費の節約のために単純的にこの種の方法で管理するのはだめです。
 我が国の研修生は日本国の外国研修生の中の比率が低いから再拡大の可能性もあります。もし、効果的な管理を実施し、派遣した研修生の質を高め、また送り出す機関の国内外職員の努力をプラスして、必ず我が国の赴日研修生の派遣事業をもっと向上しましょう。
ͼ ͼ ͼ ͼ