当前位置:首页 > 浏览新闻
日本人はなぜ正座の習慣があるか
发布日期:2012-06-20
  日本人の正座の習慣については少ない人が知っていると信じている。且つこの種の習慣は日本人の特許になったようである。現代の若い日本人は小さいから椅子やソファーに座っていて成長したが日本の家庭を訪問する時、和室(畳みのある部屋)に呼ばれて入ると主人が特別にご自由に座りなさいと言った外に大人しく敷布団に正座しなければいけない。
 伝えられるところによると、この種の正座する習慣は室町時代(1336-1573)の末期からだそうである。其の前、日本人の座る習慣は韓国人と同じで、男はあぐらをかき、女の人は立っていて一つの足で半分跪いている。その後、茶道の茶室を小さい部屋にデザインされて、あぐらすれば隣の人の膝と触るから正座に変わった。
 日本人の和室家庭を訪問する時には普通、先ずは部屋の外で正座して、両手が膝の下に合っていて、挨拶ながらお辞儀をする。部屋に入ってから座蒲団に正座して再度敬礼して“失礼致します”と言っている。勿論、よく知っている友人などはそんなに礼儀正しくないが部屋に入ると出る時にや
ͼ ͼ ͼ ͼ