当前位置:首页 > 浏览新闻
日本人生活中の小さい禁忌
发布日期:2012-06-20
   日本人は一向に礼儀を重要視し、生活に社会的広く認められるたくさんの礼儀などは自分民族の特色がある。例えば日本人は酒飲む時に盃をテーブルに置いてお客さんご自分手酌では失礼すると思っている。酒を注ぐときに必ず右手で徳利の底を載せて、お客さんは右手で盃を持って左手で盃の底を載せる。また日本人は蓮の花の図案も禁忌する。9と4などの数字も禁忌する。9の発音は苦と同じ、4の発音は死と同じからである。だから平日に4階、4号などを避けたほうがいい。
 日本の商人は二月、八月なども禁忌し、それが営業の閑散期だからである。また金眼と銀眼の猫にも嫌い。そのような猫を見る人は運が悪くなると思っている。8種類のはしを使うほうほうが嫌い。即ち箸を舐め、箸を迷い、箸を移り、箸を捩り、箸で挿し、箸でほじくり、箸で跨り、箸で削ぎ取る。また同じの箸を皆さん一緒に公用がだめだ。箸を垂直にご飯に挿しても駄目である
ͼ ͼ ͼ ͼ