当前位置:首页 > 浏览新闻
日本へ行く前の注意事項
发布日期:2012-06-20
     旅券:旅券は主権国家が自国の公民に発行して入出国時や外国にある身分証明書とするものである。全ての外国へ行く人々は必ず旅券を持っていて、関係する当局に検査する時に示す。どの国も旅券を持っていない人に入国を許可されない。各国も旅券の検査に対し厳しくて、期限の切れる旅券、失効した旅券、乃至偽造する旅券を持っている人の入国を防ぐ。旅券を入手してから、姓名、生年月日、出生場所を検査して正しいかどうかを確認して、署名のところに署名する。出国前には旅券を持って行きたい国と途中経過して滞在する国のビザを取り扱う。また旅券によって国際チケットや切符、船の搭乗券などを買う。外国では宿泊や滞在の手続きなども旅券によって取り扱う。旅券に対して必ずよく保管し、汚染損害、消して書き直すことがだめであり、厳しく失くすことを防止する。
    ビザー:ビザは一国の政府機関が自国や外国公民の入出国 或いは自国で滞在、居住の許可証明である。ビザは旅券か他の身分証明書の上に書いている説明と捺印である。外交関係を結ばない国家へ行く場合、別紙ビザという特別のビザを使う。旅券と一緒に使用する。出国前には必ず必要なビザを取得しなければならない。即ち行きたい国の入国ビザと途中経過する国の国境経過ビザである。もし中国の個人普通旅券を持っている場合、また旅券の発行機関へ我が国のビザを申請する。外国ビザを取り扱う場合、必ずその国の中国駐在大使館か領事館へ申請して取り扱う。もし、我が国に駐在する大使館や領事館がなく、代理してビザをする第三国もない場合、その国のビザを取り扱いできる国家で取り扱う。もし外国でビザを取り扱ったら、我が国の外国駐在大使館や領事館に要求して助ける。
    黄色い書:黄色い書は予防接種書である。国際間ある伝染病の流行を防止するために、どの国も外国人が自国の国境に入る時に需要する幾つかの接種に対し規定する。主に種痘をし、コレラを予防し、黄熱病を予防する接種などである。これらの接種の有効期限は次である。牛痘は初種後の八日から、複種後の当日から三年内に有効する。コレラの予防が接種後の6日から六ヶ月内有効である。黄熱病の予防が接種後の10日から十年内有効である。
    違い時期、違い地区及び疫情の分布状況によって、各国は接種の要求に対しそれぞれである。例えば天然痘、目下世界中に殆ど抑制されている。だからたくさんの国は牛痘を接種して予防する要求がなかった。ある時にある地区でコレラが発現すれば、全て当地区に入出する人は必ずコレラを予防するワクチンを注射しなければならない。だから出国する人は接種手続きをする前に必要な了解が重要である。
ͼ ͼ ͼ ͼ